リスク情報を
もっと速く、
簡単に。
信頼・正確・速報を最重視する
テレビ局/新聞社導入数No.1
AI緊急情報サービス

資料をダウンロード

災害・事故・事件発生!こんな課題ありませんか?

お客様の安全を確実に守りたいが、正確な情報が手元にないので不安。

限られた時間で最適な判断を下さなければならないのに、意思決定に必要な情報が不足している。

万全なBCP対策で事業推進上のリスクの芽を摘んだはずが、想定通りにいかなかった。

発生と同時に把握が可能
事業継続に必要な情報が素早く手に入ります

大雨による浸水・冠水、河川の増水・氾濫。火災や停電・インフラトラブルによるライフラインへの影響。モビリティ事故、事件、工場や現場周辺でのトラブル。これらの発生は大半が事前に予測できません。
だからこそ、発生時にはいち早く被害状況を把握し、二次災害などの情報を集めて、初動を間違いのないものにすることが重要です。
しかし、そもそも「知る」のが遅れてしまうと、初動も遅れて致命傷になってしまいます。そうした事態を防ぐのが、緊急情報サービス「FASTALERT」です。

製品特長

1.

どこで、何が起きたかを
断トツのスピードで配信

FASTALERT(ファストアラート)は、SNSを中心に災害、事故、事件等の情報を検知し、配信しています。現場にいる目撃者の投稿を集めるため、多くのケースで発生と同時に検知が可能です。通報やニュース報道よりも早いタイミングで、緊急事態の発生情報や現場の状況などの情報を入手・確認できます。

2.

全国各地のビッグデータを分析
細かな情報も取り漏らしなく集められます

SNS上の膨大の投稿から、全国のどこで、何が起きているかをAIが自動で分析して配信。画像、動画だけでなく文字も含まれるので、様々な種類の災害・事故・事件情報を幅広く網羅しています。重要な出来事はハイライトして配信するので、大事な情報を見落とす心配もありません。

3.

PCやスマホで利用可能
高額な専用端末などは必要ありません

FASTALERT(ファストアラート)はWebサービスやメールで情報を配信しています。お手持ちのPCやスマートフォンでご利用いただけますので、高額な専用端末の導入や専用ソフトのインストールなどは必要ありません。

4.

すべてのデータをAPIで提供
貴社システムとの連携も簡単に行なえます

FASTALERT(ファストアラート)ではユーザー向けにAPIを提供しています。他システムとの連携もスムーズに可能で、実績も十分あります。災害、事故、事件情報をいち早く貴社システムで取り込めば、新たなニーズに対応することが可能になります。

導入事例

防災、リスク検知、BCP対策まで。あらゆる業種でご活用いただけます

メディア・報道

速報性の向上、取材ネタの探索などにご活用いただけます。

インフラ

広域に渡る被害状況の把握や、トラブルの現場の状況確認などにご活用いただけます。

交通・旅行

交通事故や鉄道トラブルなどをいち早く把握できるほか、状況の確認や広報対応準備などにご活用いただけます。

自治体

域内や周辺地域の災害や事故などの情報を、地域を絞ってリアルタイムに把握することができます。

警察・消防

発生した現場にいないとわからない詳細な事件・事故・災害情報を、画像や動画で確認できます。

投資・金融

大きな事件や工場火災、災害などの情報を発生と同時に収集し、株式や為替の相場への影響に対応できます。

製造

災害・事故を発生してすぐ把握し、部品の納品コントロールなどの指示を現場で即座に出せるようになります。

流通・卸売

報道を待たずして、必要な情報を入手。サプライチェーンを維持して、必要なものを早く現地に運べます。

運輸・輸送

交通事故や鉄道トラブルなどをいち早く把握できるほか、状況の確認や広報対応準備などにご活用いただけます。

多数企業による導入事例

多数の業種で採用実績があります。特に報道機関では、全てのキー局と大半の地方局、新聞社などで導入されており、事実上業界標準の緊急情報サービスになっています。

お客様の声

株式会社共同通信デジタル
田坪幹巨様

共同通信にとってFASTALERTは強い味方。
なくてはならないもの。

共同通信グループでは、SNSを監視して事件・事故などの「発生モノ」の情報を集めるチームがあります。このチームで、FASTALERTを公式ツールとして活用しています。

「発生モノ」はいつ、何が起こるか分からないだけに、やはり検知までの速さが何よりも重要になりますが、FASTALERTはその点で断然優れています。他社サービスの場合は3時間もタイムラグがあったり、無関係な画像が多数入ってきたりと使いにくい印象がありますが、FASTALERTについてはノイズはほとんどありません。

続きを読む

FASTALERT導入以前は、5分間隔でSNSを手動更新するなどしていました。このような方法では確実に取り漏らしが発生してしまいますが、FASTALERTを使うことで少人数でもずっと張り付かずに漏れなく「発生モノ」の覚知ができています。もしFASTALERTがなければ、チームを大幅に増員しなければならないところです。

最近では、新潟県・糸魚川市の大火事でFASTALERTが大変役に立ちました。最初の1軒の火災からの延焼速度が速く、被害が拡大していく様子を検知していたため、取材にいち早く反映できました。その前に発生した、福岡市で病院にタクシーが突っ込んでしまった事件の際も、警察の出動などを速やかに検知していたことでスピーディに取材対応できました。

FASTALERTは共同通信グループにとって強い味方です。「なくてはならないもの」「メディアのためのメディア」といった立ち位置でしょうか。

株式会社産経デジタル
宇田川尊志様・浅井英昭様

ニュースの端緒をすぐに教えてくれる、
相棒のような存在。

産経新聞グループの無料ニュースアプリ「産経プラス」では、FASTALERTのしくみを応用して、全世界の速報をいち早く伝える機能を運用しています。以前、ブラジルのサッカーチームを乗せた飛行機が墜落したニュースをアプリで配信した際、社長が「なんでこんな早いんだ」と飛んで聞いてきたことがありました。国内の第一報と比べてどれくらい速いのか調べてみたところ、なんと1時間半も差がありました。これはFASTALERTを利用してみて驚いたことのひとつです。目に見える形で力を実感しました。

続きを読む

事件・事故といった「発生モノ」についても、これまでは何か起こると都度情報や写真を持っている人を探していましたが、FASTALERTならその対象となる人だけでなく、端緒や場所、時系列での動きもひと目で分かります。もしFASTALERTがなければ、この広いネットの情報の海の中から人手でひとつひとつ探さなければなりません。人手でやらずに済んでいるため、大幅なローコスト化にもつながっています。

FASTALERTは新着情報があると音を鳴らしてくれる点も便利です。音がないと、担当者が常に画面を見ていなければならなくなるので、とても助かります。張り付かずにウォッチできて、なおかついち早く検知できるのが良いです。

テクノロジーは日進月歩、FASTALERTもどんどん進化しています。新聞記者の目からすると、「相棒」のように肩をたたいてくれる、それによって一歩目の動き出しが速くなる。そんなツールです。

導入までの流れ

  1. お問い合わせ

    無料でお試しいただけますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
    活用方法、他社事例、料金体系などご案内いたします。

  2. Web会議・ご訪問

    ご要望に合わせて、会議を行い無料デモを行います。操作性、UI/UXをご確認いただけます。

  3. 無料トライアル

    「社内で検討したい」と思われたら、弊社営業にお声がけください。
    無料トライアルなど対応させていただきます。

  4. 企業様ご判断

    導入に際し、弊社から必要資料の送付、デモ案内などいたします。
    また、プレゼンなども対応させていただきます。

  5. 導入・契約締結

    導入が決まった場合、速やかに有償アカウントを発行いたします。
    また並行して契約作業など進めさせていただきます。

  6. 業務開始

    私たちFASTALERTが皆様の業務にお役立てるよう、サポートチームも併設しております。
    お気軽にご相談ください。

  7. 営業日
    営業日

よくある質問

利用料金については、お問い合わせください。すぐに担当者より概算をお知らせします。利用方法やID数などによって異なりますので、お見積りも承ります。
主にSNSのビッグデータを解析対象としているためです。緊急事態の発生現場にいる目撃者や当事者の情報が、分析のうえリアルタイムに配信されます。このため、多くのケースでニュースになるより早く情報をキャッチできます。
お使いのWebブラウザ、メールソフトのみでご利用いただけます。専用ソフトはありませんので、すぐにスムーズな導入が可能です。
資料をダウンロード

資料をダウンロード

お問い合わせ

FASTALERTお問い合わせ専用 受付時間 (平日10:00〜19:00)